Top > 診察の流れ

診察の流れ

正しい施術が行われると体の軸がしっかりでき、生活しやすい体に改善していきます。
真の健康にむかって一緒にゴール(治癒)を目指しませんか?

自立神経の検査(DTG)

問診のあと、ダーモサーモによる自律神経の検査をし、施術前の情報として把握します。

ミラーチェック

鏡検査により左右の肩の高さや体のゆがみをチェックします。鏡には線が引いてあり評価しやすくなっています。
(多くの方がゆがみに驚かれます。)

関節,筋持久力検査

診察台にてマサテストとよばれる検査にて関節の硬さ、ゆがみを患者さんと確認します。
(多くの方がゆがみを実感され、また驚かれます。)

施術

ヘッド部分の高精度センサーが感知してコンピューターのモニターに計測された振動数が表示されます。施術はアジャストメントと呼ばれるソフトな振動でおこなわれていきます。アジャストメントをする部位や回数は分析によっておこなわれるため、毎回同じではありません。

再チェック

再度同じ検査をして施術前との違いを一緒に確認していきます。(からだの変化にまた驚かれる方が多いです)

バイタルリアクターにて検査 施術をおこないます。

今回行った施術の説明を行います。具体的には体の使い方や日常生活での注意点など必要に応じて説明します。

また今後どのように改善させていくか、患者様1人1人にアドバイスしていきます。そして患者様にあった施術計画をいっしょに考えて早期改善を目指します。この行程を経て終了となります。

ページの先頭へ
copyright© yamato All Rights Reserved. 福岡 Webデザイン